コミュニケーション

初対面の女性と話すときに気を付ける具体的な会話方法

更新日:

女性

初対面の女性と話すときって何を話したらいいのか緊張しますよね。

「会話が止まって気まずくなったらどうしよう...。」

「相手につまらない人間だと思われたらどうしよう...。」

なんて思いからなかなか積極的に話すことができないという方もいるのではないでしょうか。

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 

これからの人生、いろんな人に会って話していきますし、早めに解決できればその後の人生はとても豊かなものになります。

では初対面の人と話して打ち解けたり、女性との会話をスムーズに進めていく方法をご紹介していきます!

 

 

初対面の女性とはなぜ話が続かないのか?

初対面の女性

単純に「話が思いつかない」ということが多いのではないでしょうか?

「いつも口下手なのに、初めて話す相手になんて なおさら何を話せばいいのかわからない...。」これが普通だと思います。

インターネットで検索しすると【初対面の女性との話し方】についてたくさん載っているでしょう。

・まずは相手の緊張感を解こう!

・聞き上手に徹することが大事!

・自己開示をしてみよう!

などなど... 「そんなことはわかってるよ!」と思いたくなる気持ち ... わかります!笑

やはり、知っていることと実践できることには大きな差があります。話し方を知るだけ学んでいても会話は上達しません。

 

だからこそ初対面の女性となぜ話が続かないかというと、初対面で話すときに意識的に話すようにすることに慣れていないからです。

一部の人間を除いて、普通の人は経験をしなければ何事も上達していきません。

苦手だと思っていることは意外と経験が不足していることが原因の場合が多いのです。

座学だけでは体得できないように、話す経験を積まなければいく必要があります。

 

女性と話す前に話題(ネタ)を用意しておく

ひらめき

ただ、だからといって闇雲に話していても上達はなかなか見込めません。

しっかりと会話をする準備をして話すようにしましょう。

「仕事は準備が9割」という言葉もあるように、慣れるまでは「会話も準備が9割」なのです。

女性と話す前に何を話すのかを具体的に用意することで、焦る時間が圧倒的に減ります

具体的に話す内容をあらかじめ準備しておくだけで、大分会話の難易度というものは下がります。

 

英語だって、急に「自己紹介してみてください!」と言われても困りますよね?

My name is  ●● ●● .

I like ●●  .

Nice to meet you.

「上記のようなフレーズに当てはめて自己紹介してみてください!」と言われたらホッとしませんか?

なぜなら何を話せばいいかがわかるからです!

 

まずは人と会話をするときには具体的に準備をして話すことを心がけましょう!

次に【この会話を話す!】ということが決まっていれば、会話がひと段落したときに次に用意しておいた会話を話すことができるので、他のことに気を回すことができます!

 

独自の具体的な会話マニュアルを作成する

マニュアル

実際に、具体的な会話のマニュアルを作成してみましょう!

長い時間女性と話すとなると、難易度が上がってしまいますので、街コンのような初対面の女性と短時間話す想定で作成してみたいと思います。

(仮定)【街コン(10分間) 土曜日 14時 23歳女性 かなさん 初対面】

トークスクリプト

・挨拶

・どこから来たのか?

・お名前なんて言うんですか?

・午前中は何をしていたか?

・仕事は何しているか?

・休日はいつも何しているか?

・LINEをお聞きしてもいいですか?

 

上記のような質問だけだと尋問のように見えてしまうので、

実際の会話に落とし込んで具体的なイメージを膨らませましょう。

 

具体的な会話の流れを例を見ながら会話をしている自分をイメージ

考え込む女性

男性A
「こんにちは」
「こんにちは」
女性A
男性A
「今日はどこからいらっしゃったんですか?」
「名古屋から来ました。」
女性A
男性A
「都会ですね!僕は豊橋市から来たので都会に近いの羨ましいです。」
「そうなんですね!」
女性A
男性A
「よかったらお名前教えてください!僕●●って言います!」
「かなって言います。」
女性A
男性A
「かなさんですね。よろしくお願いします。今日は午前中、何されていたんですか?」
「寝たのが遅かったのもあって、朝はずっと寝てました。」
女性A
男性A
「仕事疲れがたまってると、昼近くまで寝ちゃうことありますよね。普段は土日休みですか?」
「はい。」
女性A
男性A
「お仕事って何されているんです?」
「名古屋駅の近くで事務やっています。」
女性A
男性A
「そうなんですね!土日とかは何して過ごすことが多いですか?」
「友達とランチしたり、ショッピングとか、たまったドラマを見ることが多いですね。」
女性A
男性A
「ランチいいですね!名古屋のお店あまり詳しくないので教えてほしいです!いつもランチだと、どこ食べに行くんですか!?」
「近くの●●ってお店はとても美味しくてオススメですよ!」
女性A
男性A
「ありがとうございます!パスタ大好きなので行ってみたい!また今度ぜひ食べてきますね!」
「ぜひぜひ。行ってみてください!」
女性A
男性A
「はい!ちなみによかったらLINEお聞きしてもいいですか?」
「いいですよ!QRコードでもいいですか?」
女性A
男性A
「大丈夫です!では僕が読み取りますね。」
「はい。」
女性A
男性A
「また連絡しますね。ありがとうございました!」
「ありがとうございました!」
女性A

 

このようにところどころ自己開示と共感をしながら、相手に質問を振ることを心がけましょう!

そうすると、尋問っぽくなくなりますし、興味を持ってくれたことには質問を返してくれることでしょう。

 

言葉に詰まり会話が止まってしまった場合

考える人

会話でも、面接でも、何を言えばいいのかわからず会話が止まってしまったときって怖いですよね...。

僕も何を話せばわからなくなり、会話を切り出せず無言になってしまったことがありました。

「すいません。緊張しちゃって...。」と微笑みながら緊張していることを伝える。

⇒緊張していることを正直に伝えることでやわらい雰囲気にすることができるでしょう。

「そういえば...」とあらかじめ用意しておいた会話を切り出す

⇒これは機転が問われるので積極的に会話を切り出して経験していきましょう!

そこで突拍子のない発言をして「えっ...」と相手に思われてしまったとしても、どのような発言をして相手がどのような反応をしてしまったかをしっかりと覚えて振り返れば改善していきます。

失敗という経験を得ることができた!とポジティブに捉えましょう♪

 

沈黙を恐れず、バシバシ会話の経験を積んでいきましょう!

 

自分オリジナルのトークスクリプトを作成しよう

会話というものは、その場に応じて柔軟に対応するのがベストですが、最初からスムーズにお話ができる人なんて少ないと思います。

だからこそ、まずは自分なりのトークスクリプトを作成しましょう!

マニュアルに沿って話すようにすれば、自分から話す回数は確実に増えていきます

しっかりとした準備をすることで、初対面の人と話すときに焦る回数を減らしましょう!

-コミュニケーション

Copyright© 人生再興 , 2019 All Rights Reserved.